キャッシングのトラブル回避方法

キャッシングのトラブル事例 - キャッシングのトラブル回避方法

キャッシングのトラブル回避方法

キャッシングのトラブル事例

キャッシングは便利なサービスですが、借入になりますので、ときには深刻なトラブルになることもあります。
そのような事例をいくつかご紹介しましょう。

比較的よくあるのは、これが原因で破産する例です。
キャッシングは借金になりますので、期日までに返済しないと罰則金がかかります。
これら罰則金で残高が膨れ上がり、その金額にさらに利息がかかり…と、雪だるま式に増えていって破産する例があるのですね。
大げさに聞こえるかもしれませんが、キャッシングも最大で500万円近く借りれる物も多いですから、元金によってはその他のローンと同じく、破産の危険はあります。
クレジットカード感覚で手軽に使えるサービスですが、これも立派なローンの一つだということはお忘れなく。

次によくあるのは、不正利用や、それを狙った盗難です。
キャッシングはカード一枚でお金が借りれますから、どうしても狙われやすいところがあります。
赤の他人による被害はもちろんのこと、家族による不正利用の事例もあります。
たとえば、年の近い兄弟がこっそりとローンカードを持ち出してキャッシングしたという事例。
いつも同じ暗証番号を使っており、家族もそれを知っているときは、このような被害に遭う確率が高まります。
ときには、「成りすまし」を狙い、年の近い同性の兄弟の保険証などを持ち出し、不正にキャッシングを契約しようとするといった事例もあります。
ローンカードやその暗証番号の管理はもとより、保険証もしっかり管理する必要があります。

このように、キャッシングはお金が絡みますので、このようなトラブルもありえます。

即日のキャッシング情報はこちら