キャッシングのトラブル回避方法

キャッシングでブラックリストに載る? - キャッシングのトラブル回避方法

キャッシングのトラブル回避方法
キャッシングのトラブル回避方法 > キャッシングでブラックリストに?

キャッシングでブラックリストに載る?

キャッシングの利用に失敗して、ブラックリストに載るのではと心配な方はおられませんか?
これを避ける一番の方法は、そもそもブラックリストに載るような行為をしないことです。
世間で言うブラックリスト入りとは、「必ず審査に落とされて借りれない状態」のことですよね。
借入もサービスですから、利用希望者を無下に断ったりはしません。

それをされるのは、ほとんど場合は「滞納」ですね。
それも1~2日、返済が遅れた程度ではなく、もっと大幅なものです。
3か月以上に渡って滞納を続けると、ブラックリストに載った状態となるのは、ほぼ確定と言われています。
要は、キャッシング会社の大きな不利益となることをすると、以降の利用を一切お断りされてしまうのですね。

その他で気をつけたいのは、「虚偽の申告」です。
働いていないのに「働いている」と言ったり、嘘の勤め先を書いたりすると、それはほぼばれます。
それらの虚偽の申告行為も、キャッシング会社の不利益となりますから、以降の利用を一切断られることがあります。
このような極端な行為をしなければ、キャッシングがきっかけでブラックリストに載った状態にはそうなりませんので、心配要りませんよ。

ところで、ブラックリストというリストは、厳密には存在しません。
借入の利用歴を記録している機関に長期滞納の記録が載ったり、各キャッシング会社から要注意人物としてマークされたりすると、利用を一切断られたりします。
すると、「ブラックリストに載った」と感じられますが、実際にはそのようなリストはないのですね。
ただ、キャッシングが一切できないその状態は変わりませんので、今回ご紹介したような行為は控えることをオススメします。