キャッシングのトラブル回避方法

キャッシングトラブルを避ける一般的注意点 - キャッシングのトラブル回避方法

キャッシングのトラブル回避方法
キャッシングのトラブル回避方法 > トラブルを避ける一般的注意点

キャッシングトラブルを避ける一般的注意点

キャッシング絡みのトラブルを避けるための、一般的な注意点をご紹介します。
まず、カードや契約の管理はきちんと行ってください。
いつも使っている暗証番号や、生年月日から簡単に推測できる暗証番号を使うなどは厳禁です。
また、キャッシングのカードや契約書を誰でも触れる場所に放置するのも、あまりよくはありません。
これらは不正利用につながります。

不正利用とは、第三者がアナタのキャッシングを不正に使うこと。
キャッシングはATMなどで使えるため、本人確認は暗証番号でしかできません。
それが他人に漏れてしまったり、漏れているのと変わらない状態だったりすると、第三者がアナタのキャッシングを使って借入できるのですね。
もちろん違法行為であり、アナタは被害者ですが、アナタの過失も大きいときは不正利用分の請求を免除してもらえないこともあります。
かなり損ですから、カードの管理はしっかりやってください。

とはいえ、ローンカードを肌身離さず持っているわけにもいきませんから、なかなか難しいところでしょう。
不正利用が不安なときは、キャッシングの限度額を下げておくのもオススメです。
普段5万円以上のキャッシングをすることがないのに、いつでも100万円近く借りれる状態だと、不正利用を受けたときの被害も甚大です。
まず使うことのない限度額は、減額しておくことと安心ですよ。

このような管理をしっかりすれば、このような不正の被害に遭うことも減ります。
しかし、アナタがキャッシングしたお金をカバンごとひったくられたりしたら、やはり損ですよね。
一般的な防犯意識もお忘れなく。
夜間や早朝、人通りのない場所やATMで高額キャッシングをしないよう、ご注意ください。
防犯的には、振込キャッシングがオススメです。